主婦として家庭生活を抱えている女性がパートに出る場合、人間関係に注意が必要です。小さな子供を育てている場合、子供の病気や怪我でパートを休んだり早退しなければならない事がありますが、職先によってはそうした事情に配慮がなく従業員の反感を買う事もあるのです。

子育て中の女性はできるだけ同じ境遇の女性が多く働いている勤務先に就職する事が大切です。同じ状況で生きている女性が多い場合、子供の緊急事態に理解が得られやすくなります。

一方、注意が必要なのは自分の努力を押し付けてくる主婦スタッフの存在です。同じように子供を育てながら働いている女性だからこそ、自分ができている事を人にも押し付け、相手を責めるような態度を取る人もいます。例えば、子供を実家に預けながら残業している女性は、同僚にもそうしたことを押し付けてしまう事があります。

そのような場合は、毅然とした形で相手に伝えるか、言いづらい時は自分には自分の事情がある事を人伝いにそれとなく分かってもらうようにしてもらうといいでしょう。また、その逆で、自分自身が相手に努力押し付けてしまわないことも大切です。各家庭において抱えている状況は異なります。子育てのために周囲の援助を得られない人も存在しているものです。

また主婦がパートに出る場合、例え同僚に未婚の女性が多くても、近しい年齢の人達が集まっている場所に就職した方がいいでしょう。学生が多いアルバイト先に勤務した場合、話題が噛み合わず孤立しやすくなります。同年代であれば例え育児の話を聞いてもらえなかったとしても、共通する興味を見出せるものです。

今、国を挙げて女性の社会進出が推進されていますが、まだまだ男中心の社会が浸透しています。女性の育児に理解が無かったり、そもそも主婦層を採用しないような企業もたくさん存在しています。そんな中で、少しでも働きやすい場所を確保するには、上記でも語った通り、比較的主婦層が多い現場や人材を欲しがっている場所を狙うことが大切です。いざ入職して後悔しないためにも、主婦に最適な職種を知っておいた方がいいでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 働くママのミカタ. All Rights Reserved